This Category : 愚痴日記

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事ツライの ~其の四~ 寿司屋のアイドル

2010.07.04 *Sun*
寿司屋のアイドル


 ボクの店の寿司屋さんは開店した時から数えてパートさんがおよそ20人は辞めている。
もちろん、原因は様々なのであるがその一因におっさんが関わってることは言うまでもない。

 そんな寿司屋に約3年勤めたおばちゃんおねえさんがいた。
彼女の名前は「ゆかりちゃん(仮)」。ちゃん付けをしてはいるが、歳はおよそ40代、25歳になる一人娘を持つ
立派なお母さんだ。
ちゃん付けをしてる理由のひとつとして、とにかく歳のわりに可愛いのだ。声が。
とてもハキハキしていてとにかく明るい!!客受けもよく皆に人気のあるタイプだ。

 そんなゆかりちゃんではあるが、彼女はパートさんではなく「正社員」として入ってきていた。
ボク、Sさん、パートAさん共にゆかりちゃんとはよく気が合いいつも仲良くしていた。
(このころパートBさんはまだいない)
もちろん、寿司屋のおっさんのことは入社した時から嫌いなタイプの人間だったらしく
ボクらの愚痴の言い合いにもよく参加したもんだ。

 おっさんの休みの時はゆかりちゃんが寿司屋を仕切っていた。
仕事もでき、愛嬌も良く店のことを良く考えていた人だった。

そんな彼女も結果的にはお店を去ることになったわけなんですが・・・。
それからの寿司屋の売り上げといったらないですよ。
ヒドイもんです。
年々悪くなる一方で、注文すらも入らないような状況。
ゆかりちゃんの居た時代には積極的にお客さんに寿司を勧めていたのに今は・・・。

 スーパーで働くレジのおばさま連中とも仲の良かったゆかりちゃんはもちろん人気があり
お昼になると、よく寿司を買いに来てくれたもんです。
それが今では、「あのおっさんが握る寿司ならいらない」とまで言われるような始末。
よく注文を頼んでいたパートさんもめっきりこなくなり、まるで座敷わらしが去った家のようになっている。
今のお店はそんな状態ですね。


 お店の売り上げにも、ゆかりちゃんのことにも何に対しても無関心なおっさん。
いい加減に自らの過ちに気づけ・・・・わけないか。
スポンサーサイト

お仕事ツライの ~号外~

2010.06.27 *Sun*
おっさんと中国Bとパートさん

 おっさんは中国Bのことを大変よく可愛がってるらしい。
寵愛とでも言うべきか。二人は何かと寿司屋に篭り、何かをしている。
それは想像の域は出ないが、何をやっているのか怪しいもんだ。お金でも渡してなければいいが・・・。
 まるでお店を始めた新婚の夫婦のように気持ち悪い雰囲気を放っている。
手取り足取りナニ取りかもしれない。


 中国人たちのお昼ご飯は本店から来る弁当だ。といってもケチなもんで、そのほとんどが昨日の残りの弁当だ。
それも天丼だったり、エビフライだったり・・・。
当然彼女らは文句ひとつ言わず、当たり前のように食べるわけだが間違いなく油が回ってると思う。
考えただけで胸焼けがしそうだ。
 しかも弁当はそれだけではない。必ずと言っていいほどインスタント麺が付いてくる。
ラーメン→うどん→そば→ラーメン・・・・のループ。
これに関しても彼女らは文句ひとつ言わず食べる。


 しかしそんなことはどーでもいい。
おっさんの中国BとCとの対応の違いが雲泥の差なのだ。
 その日は、弁当が本店から届かず仕方なく店で買うこととなった。
その際のおっさんの台詞。


「Bさん、弁当何がいい?からあげか?エビフライか?なんでもいいぞ」別にアンタの財布から金が出るわけでもないのに、こんな調子だ。
B「ナンデモイイデス」
お「そうか、ならからあげ弁当買ってくるな!」
B「アリガトゴザイマ~ス」
そして・・・。
お「Cさん、弁当からあげでいいよな!?」
C「ハ、ハ~イ・・・。」

ちゃんと聞いてやれよ!

そりゃボクもあまり中国人たちにいい感じはしてないが、唯一の楽しみである弁当くらいは選らばせてやれよ。



 パートのおばさんについても何やら特別待遇らしい。
とにかく何もさせない。
 そもそも今の寿司屋のパートさんになるまでに実に二十人以上辞めている。
この六年余りの短い年数で。ひとえにおっさんの高圧的な態度、死語さえも許さぬような空気。
それに加えてのおっさんによるいやがらせ。
 しかし、今はどうだ!?
パートさんとの談笑(仕事もしずに)
中国との×××(仕事もしずに)
昔のパートさんが見たらどう思うことやら・・・。

 こんな体たらくな商売をしていて売り上げ下がった下がったとわめくのは止めてもらいたい!!
そうだ、ここ数年寿司の売り上げが下がってるのにはもうひとつ大きな理由があったのだ。



次回、寿司屋のアイドル。

お仕事ツライの ~其の三~

2010.06.27 *Sun*
 永らく日記をサボってしまってすいませんでした。
まぁ、大して読者がいるわけでもないんだけどもそれでも楽しみにしていた方々には申し訳が立ちませんね。

※他のブログやmixiなんかには相当な頻度で日記やらコメントしてるのにね・・・。

 とまぁそんなわけで、色々とボクも忙しく過ごしておりましたが!!今日からは少し落ち着くので、日記の更新やら小説やらをやっていく所存なわけですよ。今日は大文字や色文字使わなくてもおK、だよね?


おっさんの一日

 もうこの愚痴日記ではおなじみのウチの店の諸悪の根源。
彼の仕事は主に寿司の製造、販売だ。このことをよく頭の片隅なんかに入れといてもらいたい。

朝は早く、普段は六時からの出勤だ。十時の開店までは忙しく、中国B(前回の日記参照)とパートさん一人の計三人で準備を進めている。

そして開店。
当然、ボクら鮮魚は開店から忙しくワーキャーワーキャー声を出している。・・・のだが。
すし屋の方からは「いらっしゃいませ」の一言もない。いや、言ってはいるんだろうがまるで耳に入ってこない。
それもその筈だ。言ってるのはおっさん一人。しかも言ったか言わないか、蚊の鳴くような声での「いらっしゃいませ」だ。
中国Bやパートさんは何をしているか?
何もしていない。店の中でおっさんが作る寿司の値付けや洗い物だ。それまではただぼ~~~~~としている。

そのことについてはおっさんは何も言わない。何も仕事がないわけではないのに店の中でぼ~としてるのに何も言わない。
がしかし、こちらがヒマなとき少しでもぼ~としようもんなんら鬼のような形相で睨んでくる。何も言わないのだが。

 何もしなくても時給の出る寿司屋とあれこれと休む暇もない鮮魚とでパートさんの時給は一緒だ。
これはヒドイ。
 おっさんはどうやらその二人には何もさせてないらしい。それなもんだから二人は何もできない。当然だ。
最近こそ、寿司屋のパートさんがようやく注文をとるようになったがそれまではすぐにこちらに「前のお客さん、注文聞いてもらっていいですか?」と振られたもんだ。寿司屋、ヒマなのにな!!


 そしてお昼。
お昼からはウチの寿司屋は夕方に出す寿司の調理に取り掛かる。・・・らしい。
二時過ぎには鮮魚の方は対面{たいめん、テラシとも言う。}(いわゆる生のお魚を氷の上に展示する最も魚屋らしい場所)
を片付けてしまう。ハッキリ言って普通の店に比べてべらぼうに早い・・・。
そんなに早く片付ける理由は未だ不明だが、一説によるとおっさんが二時半ごろに休憩に行くために早めに掃除を終わらせ、おっさん的には「やることやったから俺は休憩するからな!」という言い訳を作るためだけ!
それゆえの掃除の早さだともっぱらのウワサです。

 休憩から帰ってきたおっさんは昼ごろから作った四時に出す寿司の値付けをする。
もちろん中国Bも一緒にやってはいるのだが。
 四時になり寿司を出す。










それからおっさんには仕事はない。何もない。退社時刻の六時十五分まで何もない。
むしろ何もしない。
休憩から帰ってきてチョロチョロっと寿司を出して、それから何もない。
なのにいっぱしの給料は出るわけだ!!
店内をウロウロしてても、店の裏で携帯でテレビを見てても、何度も何度も店の裏でタバコをふかしてても、晩御飯のおかずだと、勝手に焼き場で調理を始めても、隣の肉屋さんの手伝いをしていても!!!!!

何をしていても店長は何も言わない。何も見ていない。

極めつけは自分の体調都合で勝手にタイムカードも押さずに帰ることだ!!

だが、店長は見ないふりだ。むしろ、定時になるとおっさんのタイムカードを押す。
さらにおっさんの帰り際には深々と腰を九十度に曲げ「お疲れ様でした!」と渾身のお辞儀をする始末。


一体どうなってるんだ!?この店は!?
誰が店長なんだ!?

 このおっさんの数々の所業は氷山の一角。まだまだこんなもんじゃない。
こいつがいる限りこの店に未来はない。どんなにこれまで改善案を提示されても上手く店長を使いグチャグチャにしてきたのだ。もう無理なんだ、この店をいい方向に、みんな協力してひとつに向かうことなんて。





次回、おっさんと中国B、パートさんにつて

お仕事ツライの ~其の二~

2010.06.13 *Sun*
すし屋のおっさんと中国人について。


 とにかく汚くてずる賢い気の小さな人ですね。
あんましこう、人の事を批判すると何だか自分が悪い人間になった気にはなるが、コレは愚痴日記である。
分かる人には分かってしまう内容かもしれないが、よほどのことがない限り大丈夫だろう。

 うちの店を影で操るまさに悪代官。
すし屋の従業員は現在、おっさんを除いて二人。最近入ったパートタイマーさん(推定50代)。
どうもおっさんの昔の職場の知り合いらしい。
そして・・・中国人の女の子(19)。実は、かれこれ一年半前からうちでは中国からの研修生という形で女の子の従業員を3人預かっている。うち2人はボクらの店で預かり残る一人を別の支店で預かっている。



・・・が!これが使えない連中だった!!!

 三年契約という契約?で来ているらしく、最初はまじめに取り組む姿勢を見せたかに思われたが・・・。
中国A(18)、中国B(19)、中国C(20)とみんな女の子。しかし中国と言ってもバカ広い。
しかもこんな・・・日本に仕事をしに来るとなったら田舎からだ。さらに上海から汽車で3時間のところにあるという山奥の村からだった。
とんでもない連中を連れてきたもんだ。

 日本語はまぁ、4~5割聞き取れる程度もちろん会話もビミョーな感じ。
そんな中途半端な奴らがスーパーのしかも接客業が勤まるわけがない!!!間違いなく。
 
●中国Aは別の支店で働いている。顔はまあまあ可愛く、愛想もいい。支店での仕事はいいポジション。
●中国Bはうちのすし屋で働いている。顔はThe中国!といった感じでしかも毛深い。
 三人の中では一番日本語の理解が深く、言ってることの7~8は理解してると思われる。
●中国Cもうちで働いている。・・・が、コイツが一番の曲者でとにかく何をやるにも遅い、加えて怠け者、さらには無愛想な上にふてくされときたもんだ。

 特にこのCはひどい。とにかく仕事がずぼらである。見てないことをいいことに仕事をすぐにサボる。
いや、正確には嘘をつくといった方がいいだろう。
やってない仕事でも「やりました」分かってなくても「分かりました」。そして案の定間違える。そして、日本語を理解してないにも関わらず勝手にやってしまう。当然こなると凄腕のパートAさんに鬼の形相で怒られるのだが本人の日本語理解度が三人の中で一番低いためか、怒られているという感覚があまりない。そして学習能力もない。と言うよりは、仕事を覚える気もないみたいだ。それだから毎日教えても三日経つと忘れてしまうようだ。
 前述したようによく嘘をつくため彼女の仕事には信頼性がない。
パートAさんはこれまでに何度も何度もこのCにマジのブチ切れをしているのだが、当の本人がその場しのぎの「すいまてん(こう聴こえる)」を連呼してしまうためにその場の空気が修羅場と化すのだ。

 このCのヤル気のなさ、覚える気のなさは凄まじく本当に「ない」。
それに引き換えすし屋で働くBは覚えがいい。何よりも日本語の理解度が三人中もっとも高く、人が次に何を必要か?何をするのかを先読みして準備ができるほどだ。ちゃんとした挨拶やマナーもある程度わきまえていて、相手に気を遣うことにも慣れている。そして、お世辞や冗談なんかも言う。こうして見れば、顔はともかく愛想も良いのでとても好感が持てる人間である。
しかしCは違う。返事もしなければしゃべる声も聞き取れないほど。マナーや気遣いなんかもまるでない。人のことや仕事のことなんかよりも今日の昼飯のおかずを何にしようか考えてるくらいだ。
だから太るんだよ、チビ太の上に太っててさらに顔が河童みたいじゃあ、残念だが色々アウトだ。
仕事に限らずプライベートでも自分に気を遣わないことが分かる。女の子らしさがまるでない
 とここまで中国人のその仕事ぶりを書き綴ってがこれだけではない。
日本語の理解度にもバラつきがあるせいもあって、接客をしない。電話に出れない(店長が出させない)。注文なんかもちろん聞けない。
一体、何ができるんだよ!!このクズどもは!!声を大にしてスクリームしたい。いや、したんだが。

スーパーの接客業主体の魚屋なのに接客ができない。本末転倒である。
何しに日本に来たんだ?と問いたい。いや、問いたんだが。
 こっちはクソ忙しいくて手が離せないときにも、「すいまて~ん、おきゃくさん」とこんな感じだ。自分はボケッとしているのにだ。これでは誰もが腹を立てるの無理もない。
無論、店長はそのことについて何も言わない。な ぜ か

 むしろ誰にも何も言わない。最初に中国人たちが来た時にしても簡単な自己紹介で終わらせ、さっさと仕事をしていた。教えることも中途半端で、口下手のせいで上手く説明もしきれてない。ゆえに彼女らは中途半端なまま仕事を覚えてしまっている。
なぜボクらが教えないのか?答えは簡単だ、イージーだ。
店長の言うことには従順だからである。ボクらのことは気にしてないみたいだ。
きっと、本店で「店長のことだけ聞いとけ」みたいなこを言われたのだろう。うん。
教える側の能力の低さと教わる側の理解力の低さが上手くかみ合って、出来損ないができてしまったのである。
これは本人達も悲しい。分かってないとは思うが。

 あえてボクらは何も言わない。それはボクらの仕事じゃない。
店長・・・自分が楽をしたければ、部下(中国共)にしっかり仕事を教えるんだな。


 案外文が長くなったので次回はおっさんと店長の主従関係とおっさんの一日について語ります。


ちゃお。

えねるさんのお仕事ツライの ~其の一~

2010.06.10 *Thu*
 どうも、はじめまして。えねるです。初めてじゃない方もどうもです。
この愚痴日記は主に、ボクのお仕事でのあらゆる愚痴と不満、憎悪、妬み、嫉み、辛みetc・・・。
と色々語って行きたいと思います。おヒマな方は、片手に発泡酒でも持って見て下さい。



登場人物
●えねる
●Sさん(30代だが、見た目は20代前半。携帯をよくいじる。)
●パートのおばちゃんA(凄腕のパートタイマー。社員以上にデキる。口は相当悪いが、悪気はなくただ思ったことを言ってるだけ。店のムードメーカーでもある。50代。以下パートA)
●パートのおばちゃんB(長身でメガネをかけてる。よく慌てる。パートAさんの地獄の教育により、ギャンギャン実力をつけるも、まだまだ。以下パートB)
●店長(ハゲ。チビ。声がやたら高い。目が逝っちゃてる。ある意味一番の被害者かも。)
●すし屋のおっさん(悪の権化。とにかく狡い。やることが汚い。ネチネチとウザイ。自分勝手のわがまま。人の事はとても気になる。)
以下、(ry。


 ボクが働く会社はとても小さな会社です。家族経営をしています。本店と他に数店舗支店があります。
ボクはその数店舗のうちのひとつで働いています。業務内容は魚屋さんです。
 そう、スーパーの中にある魚屋さんなんです。本店は店自体がスーパーになっています。
他の支店は主に、大型のスーパーに入っているテナントの魚屋さんになります。ボクのところもそうです。


 問題はその待遇と労働環境の悪さ、加えての人間関係ですね。
とにかくひどい・・・と自分では思います。はうい。
待遇列挙
●労働時間:12~3時間(8時間+3時間ほどの残業)
●休日:月に5~6回。年間70日ピッタリ。
●有給:妄想である。
●給与:時間と労働のわりには・・・。
●ボーナス:NO、ボーナス。
●会社行事(飲み会など):ただの憧れ。夢。
●年一の健康診断:自己申告。

フツーなのか?これがフツーなのか?
健康診断なんか企業は義務で行うべきだろう。
自分らが家族経営だからって、支店のボクらまでこんな仕打ちはどうなんだYO。

3時間の残業代なんか自給650円だぜ?名古屋市に最低労働賃金よりも確実に200円は安い!!
いや、むしろここは出ているだけいいのか?否!この3時間のうち朝の1時間は働いてるにしても、夕方5時から7時までの時間なんざ何も仕事がないんだぜ?
捉え方によっては何もぜずに650円、ええやん自分。
みたいな感じに見られるかもしんないけどなぁ・・・逆に5時に帰って別のバイトをした方が儲かるんちゃうんか?
と頭をよぎるわけだ。
 だが、そんな体力はない。だから650円の安い残業代でも泣く泣く受け入れるしかないのだ。
場合によってはまだ、これは楽かも知れんがな・・・。



 そして・・・この店の悲惨たる人間関係。
えねる、Sさん、パートA、Bはプラスチックよりも堅い信頼関係で結ばれている。
仕事場において、いや、プライベートのことにおいてもよく話す仲だ。

 かたや店長はほとんど従業員にプライベート(ささいなこと)を話すことは少ない。
すし屋のおっさんにはとても腰が低くなんに対しても従順である。
おっさんに対する愛想笑いも慣れたものである。
 パートAのことは信頼しているらしく、自身が休日の際にも連絡を取り合うのはまずこのパートAである。
ボクとSさんはスズメの涙程も信頼されてないと思われる。
まぁ、構わんのだが。関わりたくないからな。
 そしてパートBに対しては何かと高圧的である。後からの新参者ということもあるのだろうが、アレほどまでに仕事を言いつけるのは単なる嫌がらせとしか思えない。うん。
そのことについて、よくパートA、Bは議論を交わしている。

 極めつけ、彼はとてせっかちである。これはせっかち嫌いのボクにとっては相当のストレスの原因となっている。
もちろんボクだけではない。
Sさんなんぞ、持病のアトピーとストレスが過剰反応を起し、体中にイボが出来たほどだ。
そのせいで、後に肛門からの直腸検査を受けることになるのだが・・・w
そんな性格のせいで周りからもだいぶ煙たがられている。

 こんなエピソードもある。
店の裏でタバコを吸うスペースがあるのだが、チュパチュパと高速でタバコを吸ってるという姿を目撃されている。
一服を楽しむものにとって(ボクは吸わないが)この行為は周りにあまりにも迷惑である。落ち着きやしない。
 さらには仕事中の口癖もストレスを誘う原因となる。
「っつしーっつしー!」「よしーよしー」と小声で延々とつぶやきながら作業するのである。
すぐ隣で毎日耳にするSさんのストレスはもはやスカウターでは測り切れないだろう。
 そしてとにかく休憩をしない。
昼休憩なんぞ、ものの5~6分で帰ってきやがる。
アイツの飯の事情なんかどうでもいいのだが、いつ食ってるのやら。
そして、4時ごろのコーヒータイムにでも動き続けている。
パートAがみんなに気を遣い、わざわざ茶菓子まで用意して一旦作業の手を休めるという意味合いで出しているのにも関わらずだ。
そんなに動き続けなければいけないほど仕事はないのにだ!!
 これでは、まるで休憩をとる我々が悪いことをしているような錯覚に陥る。
「早く飲まねば!」「早く仕事をせねば!」と急かされているようだ。休憩にならない。


 これだけではない。これだけではないのだよ、諸君。
彼は、ひとの気持ちを汲んでやることもできない冷血な人間でもある。上司としての以前に人間性を疑うほどだ。
 それはボクが体調不良でその日の朝からグッタリしていてもまるで何もないかのように話しかけてきやがる
ちょ・・・おま・・・。
どう見ても顔色が悪く、パートA、Bにもことごとく心配をされてるのにも関わらず彼は平然と仕事を与えてくるのだ。
大丈夫か?どうした?そんな言葉を期待してるわけでもないが、そこは上司として部下の体調管理にも気を配るのが上司だろう。
そうでなくても人として顔色を見て具合が悪そうなら何らかの声をかけるべきだろう。
だが、彼にそういった感情はきっとない。いや、絶対ない。今までの場面からしてない。

 その後、ボクは自身の車で横になることをパートAに勧められたのだがこのときも彼は心配のしの字もなかった。
 ちなみに別の日に風邪で早退をしようとしたところ、よっぽど帰られるのが気に入らなかったのか「注射、注射を打ってきてもらいなよ」と言われた。
そんなポンポン注射を打つ医者などいるか!そいつはヤブだぜ。


 掘ればいくらでも出てくるのだが、今日はこの辺で。


ちゃお!

Copyright © ウィドと狼(イライジャ)と記憶の旅 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。