This Archive : 2010年06月

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事ツライの ~号外~

2010.06.27 *Sun*
おっさんと中国Bとパートさん

 おっさんは中国Bのことを大変よく可愛がってるらしい。
寵愛とでも言うべきか。二人は何かと寿司屋に篭り、何かをしている。
それは想像の域は出ないが、何をやっているのか怪しいもんだ。お金でも渡してなければいいが・・・。
 まるでお店を始めた新婚の夫婦のように気持ち悪い雰囲気を放っている。
手取り足取りナニ取りかもしれない。


 中国人たちのお昼ご飯は本店から来る弁当だ。といってもケチなもんで、そのほとんどが昨日の残りの弁当だ。
それも天丼だったり、エビフライだったり・・・。
当然彼女らは文句ひとつ言わず、当たり前のように食べるわけだが間違いなく油が回ってると思う。
考えただけで胸焼けがしそうだ。
 しかも弁当はそれだけではない。必ずと言っていいほどインスタント麺が付いてくる。
ラーメン→うどん→そば→ラーメン・・・・のループ。
これに関しても彼女らは文句ひとつ言わず食べる。


 しかしそんなことはどーでもいい。
おっさんの中国BとCとの対応の違いが雲泥の差なのだ。
 その日は、弁当が本店から届かず仕方なく店で買うこととなった。
その際のおっさんの台詞。


「Bさん、弁当何がいい?からあげか?エビフライか?なんでもいいぞ」別にアンタの財布から金が出るわけでもないのに、こんな調子だ。
B「ナンデモイイデス」
お「そうか、ならからあげ弁当買ってくるな!」
B「アリガトゴザイマ~ス」
そして・・・。
お「Cさん、弁当からあげでいいよな!?」
C「ハ、ハ~イ・・・。」

ちゃんと聞いてやれよ!

そりゃボクもあまり中国人たちにいい感じはしてないが、唯一の楽しみである弁当くらいは選らばせてやれよ。



 パートのおばさんについても何やら特別待遇らしい。
とにかく何もさせない。
 そもそも今の寿司屋のパートさんになるまでに実に二十人以上辞めている。
この六年余りの短い年数で。ひとえにおっさんの高圧的な態度、死語さえも許さぬような空気。
それに加えてのおっさんによるいやがらせ。
 しかし、今はどうだ!?
パートさんとの談笑(仕事もしずに)
中国との×××(仕事もしずに)
昔のパートさんが見たらどう思うことやら・・・。

 こんな体たらくな商売をしていて売り上げ下がった下がったとわめくのは止めてもらいたい!!
そうだ、ここ数年寿司の売り上げが下がってるのにはもうひとつ大きな理由があったのだ。



次回、寿司屋のアイドル。
スポンサーサイト

Copyright © ウィドと狼(イライジャ)と記憶の旅 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。