--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えねるさんのお仕事ツライの ~其の一~

2010.06.10 *Thu*
 どうも、はじめまして。えねるです。初めてじゃない方もどうもです。
この愚痴日記は主に、ボクのお仕事でのあらゆる愚痴と不満、憎悪、妬み、嫉み、辛みetc・・・。
と色々語って行きたいと思います。おヒマな方は、片手に発泡酒でも持って見て下さい。



登場人物
●えねる
●Sさん(30代だが、見た目は20代前半。携帯をよくいじる。)
●パートのおばちゃんA(凄腕のパートタイマー。社員以上にデキる。口は相当悪いが、悪気はなくただ思ったことを言ってるだけ。店のムードメーカーでもある。50代。以下パートA)
●パートのおばちゃんB(長身でメガネをかけてる。よく慌てる。パートAさんの地獄の教育により、ギャンギャン実力をつけるも、まだまだ。以下パートB)
●店長(ハゲ。チビ。声がやたら高い。目が逝っちゃてる。ある意味一番の被害者かも。)
●すし屋のおっさん(悪の権化。とにかく狡い。やることが汚い。ネチネチとウザイ。自分勝手のわがまま。人の事はとても気になる。)
以下、(ry。


 ボクが働く会社はとても小さな会社です。家族経営をしています。本店と他に数店舗支店があります。
ボクはその数店舗のうちのひとつで働いています。業務内容は魚屋さんです。
 そう、スーパーの中にある魚屋さんなんです。本店は店自体がスーパーになっています。
他の支店は主に、大型のスーパーに入っているテナントの魚屋さんになります。ボクのところもそうです。


 問題はその待遇と労働環境の悪さ、加えての人間関係ですね。
とにかくひどい・・・と自分では思います。はうい。
待遇列挙
●労働時間:12~3時間(8時間+3時間ほどの残業)
●休日:月に5~6回。年間70日ピッタリ。
●有給:妄想である。
●給与:時間と労働のわりには・・・。
●ボーナス:NO、ボーナス。
●会社行事(飲み会など):ただの憧れ。夢。
●年一の健康診断:自己申告。

フツーなのか?これがフツーなのか?
健康診断なんか企業は義務で行うべきだろう。
自分らが家族経営だからって、支店のボクらまでこんな仕打ちはどうなんだYO。

3時間の残業代なんか自給650円だぜ?名古屋市に最低労働賃金よりも確実に200円は安い!!
いや、むしろここは出ているだけいいのか?否!この3時間のうち朝の1時間は働いてるにしても、夕方5時から7時までの時間なんざ何も仕事がないんだぜ?
捉え方によっては何もぜずに650円、ええやん自分。
みたいな感じに見られるかもしんないけどなぁ・・・逆に5時に帰って別のバイトをした方が儲かるんちゃうんか?
と頭をよぎるわけだ。
 だが、そんな体力はない。だから650円の安い残業代でも泣く泣く受け入れるしかないのだ。
場合によってはまだ、これは楽かも知れんがな・・・。



 そして・・・この店の悲惨たる人間関係。
えねる、Sさん、パートA、Bはプラスチックよりも堅い信頼関係で結ばれている。
仕事場において、いや、プライベートのことにおいてもよく話す仲だ。

 かたや店長はほとんど従業員にプライベート(ささいなこと)を話すことは少ない。
すし屋のおっさんにはとても腰が低くなんに対しても従順である。
おっさんに対する愛想笑いも慣れたものである。
 パートAのことは信頼しているらしく、自身が休日の際にも連絡を取り合うのはまずこのパートAである。
ボクとSさんはスズメの涙程も信頼されてないと思われる。
まぁ、構わんのだが。関わりたくないからな。
 そしてパートBに対しては何かと高圧的である。後からの新参者ということもあるのだろうが、アレほどまでに仕事を言いつけるのは単なる嫌がらせとしか思えない。うん。
そのことについて、よくパートA、Bは議論を交わしている。

 極めつけ、彼はとてせっかちである。これはせっかち嫌いのボクにとっては相当のストレスの原因となっている。
もちろんボクだけではない。
Sさんなんぞ、持病のアトピーとストレスが過剰反応を起し、体中にイボが出来たほどだ。
そのせいで、後に肛門からの直腸検査を受けることになるのだが・・・w
そんな性格のせいで周りからもだいぶ煙たがられている。

 こんなエピソードもある。
店の裏でタバコを吸うスペースがあるのだが、チュパチュパと高速でタバコを吸ってるという姿を目撃されている。
一服を楽しむものにとって(ボクは吸わないが)この行為は周りにあまりにも迷惑である。落ち着きやしない。
 さらには仕事中の口癖もストレスを誘う原因となる。
「っつしーっつしー!」「よしーよしー」と小声で延々とつぶやきながら作業するのである。
すぐ隣で毎日耳にするSさんのストレスはもはやスカウターでは測り切れないだろう。
 そしてとにかく休憩をしない。
昼休憩なんぞ、ものの5~6分で帰ってきやがる。
アイツの飯の事情なんかどうでもいいのだが、いつ食ってるのやら。
そして、4時ごろのコーヒータイムにでも動き続けている。
パートAがみんなに気を遣い、わざわざ茶菓子まで用意して一旦作業の手を休めるという意味合いで出しているのにも関わらずだ。
そんなに動き続けなければいけないほど仕事はないのにだ!!
 これでは、まるで休憩をとる我々が悪いことをしているような錯覚に陥る。
「早く飲まねば!」「早く仕事をせねば!」と急かされているようだ。休憩にならない。


 これだけではない。これだけではないのだよ、諸君。
彼は、ひとの気持ちを汲んでやることもできない冷血な人間でもある。上司としての以前に人間性を疑うほどだ。
 それはボクが体調不良でその日の朝からグッタリしていてもまるで何もないかのように話しかけてきやがる
ちょ・・・おま・・・。
どう見ても顔色が悪く、パートA、Bにもことごとく心配をされてるのにも関わらず彼は平然と仕事を与えてくるのだ。
大丈夫か?どうした?そんな言葉を期待してるわけでもないが、そこは上司として部下の体調管理にも気を配るのが上司だろう。
そうでなくても人として顔色を見て具合が悪そうなら何らかの声をかけるべきだろう。
だが、彼にそういった感情はきっとない。いや、絶対ない。今までの場面からしてない。

 その後、ボクは自身の車で横になることをパートAに勧められたのだがこのときも彼は心配のしの字もなかった。
 ちなみに別の日に風邪で早退をしようとしたところ、よっぽど帰られるのが気に入らなかったのか「注射、注射を打ってきてもらいなよ」と言われた。
そんなポンポン注射を打つ医者などいるか!そいつはヤブだぜ。


 掘ればいくらでも出てくるのだが、今日はこの辺で。


ちゃお!
スポンサーサイト

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/06/11(金) 00:44:56 | | - # [Edit
Re: タイトルなし
> こんにちは!早速コメさせてもらいます!
>
> 待遇もさることながら人間関係がヤバいですね…><
> 和食レストランでバイトしてたときに社員が最低の人間だったので何となくデジャブしますw
>
> えねるさんの仕事を短編小説のような感じでこれからも追っていきますね(・∀・)


べぎさん早いっす。
これからもよろしく見守っていてください!
ボクも見に行きます。
2010/06/11(金) 00:53:27 | URL | えねる #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © ウィドと狼(イライジャ)と記憶の旅 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。