--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お仕事ツライの ~其の二~

2010.06.13 *Sun*
すし屋のおっさんと中国人について。


 とにかく汚くてずる賢い気の小さな人ですね。
あんましこう、人の事を批判すると何だか自分が悪い人間になった気にはなるが、コレは愚痴日記である。
分かる人には分かってしまう内容かもしれないが、よほどのことがない限り大丈夫だろう。

 うちの店を影で操るまさに悪代官。
すし屋の従業員は現在、おっさんを除いて二人。最近入ったパートタイマーさん(推定50代)。
どうもおっさんの昔の職場の知り合いらしい。
そして・・・中国人の女の子(19)。実は、かれこれ一年半前からうちでは中国からの研修生という形で女の子の従業員を3人預かっている。うち2人はボクらの店で預かり残る一人を別の支店で預かっている。



・・・が!これが使えない連中だった!!!

 三年契約という契約?で来ているらしく、最初はまじめに取り組む姿勢を見せたかに思われたが・・・。
中国A(18)、中国B(19)、中国C(20)とみんな女の子。しかし中国と言ってもバカ広い。
しかもこんな・・・日本に仕事をしに来るとなったら田舎からだ。さらに上海から汽車で3時間のところにあるという山奥の村からだった。
とんでもない連中を連れてきたもんだ。

 日本語はまぁ、4~5割聞き取れる程度もちろん会話もビミョーな感じ。
そんな中途半端な奴らがスーパーのしかも接客業が勤まるわけがない!!!間違いなく。
 
●中国Aは別の支店で働いている。顔はまあまあ可愛く、愛想もいい。支店での仕事はいいポジション。
●中国Bはうちのすし屋で働いている。顔はThe中国!といった感じでしかも毛深い。
 三人の中では一番日本語の理解が深く、言ってることの7~8は理解してると思われる。
●中国Cもうちで働いている。・・・が、コイツが一番の曲者でとにかく何をやるにも遅い、加えて怠け者、さらには無愛想な上にふてくされときたもんだ。

 特にこのCはひどい。とにかく仕事がずぼらである。見てないことをいいことに仕事をすぐにサボる。
いや、正確には嘘をつくといった方がいいだろう。
やってない仕事でも「やりました」分かってなくても「分かりました」。そして案の定間違える。そして、日本語を理解してないにも関わらず勝手にやってしまう。当然こなると凄腕のパートAさんに鬼の形相で怒られるのだが本人の日本語理解度が三人の中で一番低いためか、怒られているという感覚があまりない。そして学習能力もない。と言うよりは、仕事を覚える気もないみたいだ。それだから毎日教えても三日経つと忘れてしまうようだ。
 前述したようによく嘘をつくため彼女の仕事には信頼性がない。
パートAさんはこれまでに何度も何度もこのCにマジのブチ切れをしているのだが、当の本人がその場しのぎの「すいまてん(こう聴こえる)」を連呼してしまうためにその場の空気が修羅場と化すのだ。

 このCのヤル気のなさ、覚える気のなさは凄まじく本当に「ない」。
それに引き換えすし屋で働くBは覚えがいい。何よりも日本語の理解度が三人中もっとも高く、人が次に何を必要か?何をするのかを先読みして準備ができるほどだ。ちゃんとした挨拶やマナーもある程度わきまえていて、相手に気を遣うことにも慣れている。そして、お世辞や冗談なんかも言う。こうして見れば、顔はともかく愛想も良いのでとても好感が持てる人間である。
しかしCは違う。返事もしなければしゃべる声も聞き取れないほど。マナーや気遣いなんかもまるでない。人のことや仕事のことなんかよりも今日の昼飯のおかずを何にしようか考えてるくらいだ。
だから太るんだよ、チビ太の上に太っててさらに顔が河童みたいじゃあ、残念だが色々アウトだ。
仕事に限らずプライベートでも自分に気を遣わないことが分かる。女の子らしさがまるでない
 とここまで中国人のその仕事ぶりを書き綴ってがこれだけではない。
日本語の理解度にもバラつきがあるせいもあって、接客をしない。電話に出れない(店長が出させない)。注文なんかもちろん聞けない。
一体、何ができるんだよ!!このクズどもは!!声を大にしてスクリームしたい。いや、したんだが。

スーパーの接客業主体の魚屋なのに接客ができない。本末転倒である。
何しに日本に来たんだ?と問いたい。いや、問いたんだが。
 こっちはクソ忙しいくて手が離せないときにも、「すいまて~ん、おきゃくさん」とこんな感じだ。自分はボケッとしているのにだ。これでは誰もが腹を立てるの無理もない。
無論、店長はそのことについて何も言わない。な ぜ か

 むしろ誰にも何も言わない。最初に中国人たちが来た時にしても簡単な自己紹介で終わらせ、さっさと仕事をしていた。教えることも中途半端で、口下手のせいで上手く説明もしきれてない。ゆえに彼女らは中途半端なまま仕事を覚えてしまっている。
なぜボクらが教えないのか?答えは簡単だ、イージーだ。
店長の言うことには従順だからである。ボクらのことは気にしてないみたいだ。
きっと、本店で「店長のことだけ聞いとけ」みたいなこを言われたのだろう。うん。
教える側の能力の低さと教わる側の理解力の低さが上手くかみ合って、出来損ないができてしまったのである。
これは本人達も悲しい。分かってないとは思うが。

 あえてボクらは何も言わない。それはボクらの仕事じゃない。
店長・・・自分が楽をしたければ、部下(中国共)にしっかり仕事を教えるんだな。


 案外文が長くなったので次回はおっさんと店長の主従関係とおっさんの一日について語ります。


ちゃお。
スポンサーサイト

COMMENT

来たよ!
顔についての詳しい記述に噴いたww
2010/06/15(火) 19:26:22 | URL | いび #- [Edit
おいでやす~
いやはや、こんな雑多な所へようこそ。
顔についての記述はイメージのしやすさを追求したのさ!
 こんな読みずらい文面だけど、今後とも来てくれると嬉しいです。
どうかよろしく!
2010/06/15(火) 21:07:37 | URL | えねる #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © ウィドと狼(イライジャ)と記憶の旅 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。